ゲオのスマートフォン買取サイト「Smarket(スマーケット)」

2018年07月14日

ニンニクオリーブ油で鰹のタタキは最高

ヒグラシが鳴き始めました・・・・・・・流星号です








夏がもうすぐですね








西日本の豪雨災害には多数の被災者が出てお亡くなられた方が・・・








ご冥福をお祈りしいたします








一刻も早く復旧されることを願ってやみません












本日の話題は今が旬の鰹のタタキでございます








スーパーに並んでいる鰹ですが刺身でもよし、タタキでもよしとパックに入って売られておりますが









あらかじめ刺身用に切られている物と、冊で売られている物とありますよね









すぐ食べやすいようにと切ってある物を買いがちですが、チョット一手間でおいしい鰹のタタキになるんです









タタキになって刺身用に切られているのがあるよって!?









まぁ〜 それはそれで美味いんですけれど









もっと美味しく、ご飯がバリバリすすむ美味い鰹になるんです









鰹の刺身ってチョット臭みがあるので生姜醤油とかにんにく醤油とかポン酢とかで食べますよね









マグロと違ってちょいと臭みがあるから好き嫌いがあるかもしれませんが









でもこの調理法だと・・・・ご飯争奪戦になるよ〜









普通のタタキですと冊の鰹を串に刺して藁とかで炙って氷水で締めるのがいいのですが









都会じゃ藁で炙るなんて・・・・ムリ!









台所でも外でも・・・無理・・・火事になっちゃうよ〜









ですので、普通はガスコンロで炙るのかなぁ〜・・・・そんな手間までしてやってないって!?










ですよねぇ〜・・・・だから鰹のタタキは出来上がった物を買うのが一般的です










ここからは違う調理法でございます









タタキだから外側は火が通って中は火が入っていない生ですね










流星号はフライパンで調理します









まずは鰹の冊を一つスーパーで買って来たまんま










発泡トレイ鰹の下にドリップシートがあれば取り除いて







DCF00536.jpg









鰹の冊に塩を振りましょう・・・・この塩は美味い天然塩の方がよろしいですよ








DCF00534.jpg









三方にまんべんなく適当な塩梅(あんばい)で









塩を振ったら15分くらいそのままにしておきその間にニンニクをスライスしておきます










大きいニンニク(国産福地ホワイト六片種)でしたら最高ですね、これだと2〜3片かな









流星号は安い中国産のやつで・・・これだと1個まるごと









中国産は1片が小さくて剥くのも大変なんだな









ニンニク好きの人でしたら2個でもいいか!?・・・・・・精が付くよ〜









次にフライパンにオリーブ油(無ければサラダ油ですがオリーブ油を強く勧める!!)をちょいと多めにひきます







DCF00537.jpg










軽く熱したら中火か弱火でニンニクスライスした物をドバドバと入れて揚げる








DCF00538.jpg








キツネ色になる手前でニンニクをいったん取り上げます









香りが移ったオリーブ油にて先ほどの鰹の柵をフライパンに移して焼きます・・・・ジュー










DCF00539.jpg









火加減は中火かやや強火で








DCF00540.jpg









タタキなので三方を素早く焼いていきます








DCF00541.jpg








あまり長く焼いてしまうと中までで火が通るので想像しながら焼きましょうね









頃合いを見て取り出し油が付いてもいいまな板へ置いておきます









油で焼く感じですので取りだした後も予熱で少しは中に火が入りますよ









今度はタレ作りです







DCF00542.jpg










取り出した熱してあるフライパンへポン酢をドバドバと入れ沸騰させる(50cc位 それこそお好みで)








中火でグツグツしている鰹の旨みが移ったオリーブ油とポン酢へ水溶き片栗粉(小さじ1強)を入れ











DCF00543.jpg







トロミが付くまで火を入れたら火を止めておきます









このタレは少し冷ましておいた方がいいのですが早く食べたいときはそのままでいい









タレのトロミは固くなくサラトロッとした方がベストだと思います









流星号は適当に作るのでいつもトロミ具合は変わってます(笑)・・・でも、バカウマだもん!









先ほどの鰹は綺麗に切って皿へ盛りつけておき








DCF00544.jpg









タレが熱い場合は刺身に直接かけるとせっかくのタタキ状態がなくなるので









刺身の端に静に流し込むようにかけます








DCF00545.jpg











そして取り出してあるニンニクスライスを上から振りかけて完了









トロミのあるタレをからめて食べると・・・・・ウマーーーーッ!!










DCF00546.jpg







ご飯がすぐ欲しくなる美味さ









ポン酢のさっぱり感とニンニクオリーブ油で臭みはなくなるし何度も食べたくなります









いかがでしょうか!?









DCF00548(1).jpg









夏の暑い夜の食卓へ食欲の進むニンニクオリーブ油での鰹のタタキは









ぜひお試しあれ!!









っーことで・・・・とりあえずビールね、マスター!








はい!・・・・流星号さんのお気に入りの金麦ね(笑)








これはこれで美味いのよね黒ハート



金麦 夏バージョン2 (1).JPG


庶民の味方金麦を飲みながら書いてみました〜手(チョキ)


EOS 5D (1).JPG



これから流星号はEOS 5D & 6Dでいくんだょ〜カメラ


現地から流星号がお伝えいたしました







がんばるぞ東日本・がんばれ熊本・西日本





**** がんばろう日本 ****






ただいま、ブログランキング参加中ですのでポチッとしてちょうだいね!



人気blogランキングへにほんブログ村 車ブログへ
人気ブログランキング・ランブロ
blogram投票ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログへ





posted by 流星号 at 08:22| Comment(0) | 食べ歩き・料理・食材・美味い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]